愛媛・松山ですべて手縫いで制作しているオリジナルの革作品やイベントにまつわる日常の風景(2009年10月〜2015年12月)

qan:savi -かんさび-



-かんさび-とは

古神道において「神さび」といわれる、古来より存在してきた価値観のひとつで、古びて年月を経たものから滲み出てくる、神聖であり神々しい雰囲気を表す言葉です。

作られて長い時間を経て健在であり続けた器物や道具、岩や生き物、植物などには魂が宿るとして、大切にしてきた習慣や価値観が存在していました。

そういった「かんさびたもの」に対する敬意と、モノを大切に使い、使い込むほどに増してくる、光沢や汚れや変色、キズやサビなどの味を楽しみたいという願いを込めています。





作品のこと

使うほどに味わいが深まる、ベジタブルタンニンなめしの革、真鍮のパーツ、ロウ引きした麻糸を使い、すべて手作業で一針一針手縫いで仕上げた「革のもの」を作っています。

それぞれが表情が違う一点モノでありたいということにこだわり、使うほどに増していく味わいやアンティークや異素材との組み合わせをテーマにしています。

また、革自体にあるキズや汚れ、端の部分などを敢えてデザインに取り入れ、素材そのものが持つ特徴として生かすことを考えながら制作しております。





お問い合わせ

qan:savi

稲井 浩志       hiroshi inai


〒790-0902   愛媛県松山市石手白石214-7

HP:http://www.qansavi.com
e-mail:
qansavi@me.com 

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
お問い合わせ
カテゴリー「04.作品」内の作品について
のお問い合わせはこちらからどうぞ。
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
楽天市場
楽天市場
楽天市場
  • ライブドアブログ